松山のホテルの朝食で、鯛めしをいただくことができました。

松山に来たからには、一度は鯛めしを食べたいと思っていました。私はお魚があまり得意ではありませんが、ご当地で食べる名物の食事は美味しいです。京都で初めて鯛のお造りをいただいてから、鯛を食べることができるようになりました。京都でいただいた鯛は、淡泊な味でこりこりした食感でした。でも一番京都で食べた鯛の味にはまだ出会っていません。鯛を食べたいがために、再び京都へ行きたいくらいです。松山では鯛めしの専門店に行ってみようと思っていたのですが、なかなかタイミングがあいませんでした。鯛めしを食べずに帰るのは寂しいので、松山で宿泊したホテルの朝食で鯛めしが提供されることを知ったので、朝食を食べに行きました。ホテルの鯛めしは、鯛を炊き込んだご飯でした。鯛ってこんなに柔らかくてクセがなく、美味しいものなのだと改めて感じました。とても美味しくて普段1杯で終わるところでしたが、2杯も食べてしまいました。朝から贅沢な気分を味わうことができました。