そういえば、昔からブラック校則はあったよね

少し前から「ブラック校則」が話題になったりしていていますよね。
ブラック企業、ブラックバイト…
「ブラック校則」という言葉を聞いたときに、「ブラック」というのは、怪しいとか危ないという意味から、「理不尽な」という意味に変わっているような気もしてしまいます。
まあ、それはいいとして、中学校や高校の校則というのは、思い返せば何の意味があるのか分からないようなものも確かにありました。
学生だったのもだいぶ前になってしまったので、すっかり忘れていましたが、当時もそんなことを思っていた記憶があります。
学生が学生らしく、学校での授業や生活に支障が出ないようにと決められたルールであれば分かります。
しかし、まるで髪型を指定するかのような校則や、インナーの色まで決められるのは、まったくもって意味がないように思えます。
そして、当時、最も無駄だなと思っていたのは、教科書を学校に置いておく「置き勉」の禁止です。
もちろん、家で勉強するときには持ち帰りますが、家で使わない教科書を、それも何教科分もカバンに入れて登下校させるなんて、嫌がらせにしか思えなかったんですよね。全身脱毛 ミュゼ