どうしてわたしがここまで太ったのかというと、外食です。

2階層前にiPhoneを買った。正確には父母に買ってもらった。
そこから、ケータイ支払いでピザを取ることを思いついて、ピザを食べまくった。
手強い時は、月に2万ぐらいピザ値段に払ってもらっていた。
3お天道様に1枚食べていたスタイルです。これは手強い。肥えるに決まっている。
暴食が止まらなかったのだ。自信がないから、僕を続けるために脂肪を附けるのだと言われている。
自身は確かに、自分に自信がない。強気にはなれない。
気持ちが弱々しいと言うか、おとなしい。だから、脂肪を溜め込んでいるのかな。
でもいよいよピザはやめた。ケータイ支払いをやめて、自分でケータイ値段を支払うようにしたから。
ピザは漏れる。自身は金額をもっていない。なので、ケータイ支払いで貰うしか弱い。
現在、懸念しているのは西友。西友のお副食やランチタイムコース。これが泣き所。
これを食べたく患うのが、厳しい。お弁当とかね。
でも、さほど食べていないような気もする。最近はカロリー計算をしているから。
一日1500キロカロリーに抑えている。アリシアクリニック

一番大事なのはもちろんパッションなのかもしれない

これ数カ月、とあるテレビ番組でラーメン屋君の新業者を委ねる個人を選ぶオーディションが行われていました。最初はいやに多くの志願者がいて、ゆるゆるふるいにかけられるという仕組みです。こういうラーメン業者をきっかけに窮乏から脱出望む、ってきつくおもうお互い経緯を有する方たちが一生懸命でいやに面白かっただ。
遅刻をしたり、基本的な事ができない方は楽にリタイアを通じていって、徐々にバリエーション輩が絞られてきました。するとラーメン製作が全然うまくて、本当にサクセスしそうなほどの材質になった顧客は「独り立ちしてやった方が素晴らしい」のでリタイアとなったりもしました。これはほんとに名誉ですし、徐々に開業講じるうえでもTVCMになりましたし前向きなリタイアといった体感でした。
最終的に選ばれた顧客はラーメン製作の技術はたまさか、パッションだけのような顧客でした。どの世界でも、最終的には決意や情熱を保ち積み重ねることが大事なのかなあ、としてしまいました。キレイモ 料金